赤ちゃんを小顔に育てるために

赤ちゃんを小顔に育てるために

顔の大きさは骨格の影響が強く、後天的な努力では改善できないというケースもよくあります。しかしまだ赤ちゃんの骨格なら小顔のための骨格作りを目指すことができます。赤ちゃんの頭蓋骨は柔らかく寝方ひとつで顔の形も変わってきてしまいます。うつ伏せは突然死につながるため避けないといけないことはもちろんですが、ただ仰向けに寝かせているだけでは平べったい顔になってしまう可能性もあります。角度を変え、顔を動かし同じ姿勢で寝ていることがないように工夫してあげると小顔になりやすくなります。赤ちゃんは好奇心が強く、動くものや鮮やかなものを見ていると勝手に顔を動かしてくれます。こうすることで様々な姿勢で寝るようになり顔が平べったくなることを防ぐことができます。赤ちゃんの頭蓋骨が固くなるのは1歳半から2歳くらいといわれているため、それまでの寝かせかたで将来小顔になるかどうかが決まってしまうわけです。大人の顔を骨格から小さくすることは手術でも難しいですが、まだ未発達な赤ちゃんの頃なら将来のことを考えて顔が大きくならないようにしてあげることもできます。将来子供が顔の大きさで悩まなくてもいいようにするためには赤ちゃんの頃の寝かせ方がとても重要になるのです。これから子供ができるという人や、子供が欲しいと考えている人は寝かせ方に注意して育ててみるといいかもしれません。自分を小顔にすることは難しくても子供を小顔美人に育てることは十分に可能ですよ。洗顔をするとき、正しい方法で洗顔できているのか気になっている人も多いかもしれません。美容に気を使っていると様々なケアに対して正しい方法がとれているか気になるところですが、特に洗顔は毎日行ううえ小さいころからの習慣として続けているため間違っているかどうかわかりにくいこともあります。正しい洗顔について考えてみましょう。洗顔で重要なことは肌を傷つけず、いらない汚れだけを落としていくことです。肌はデリケートでとても傷つきやすく、少しの摩擦がその後のシミとなって現れてくることもあります。洗顔をするときにはこすらずに優しく洗うようにしましょう。洗顔料を使うときにはしっかりと泡立てて、その泡の力で落とすようにすると指で肌に触れなくても汚れを落とせるようになります。洗顔後に肌の水気をタオルでふき取りますが、この時にも摩擦に注意して水分をタオルにしみこませるようにするといいでしょう。肌には落としてもいい汚れと落としてはいけない成分があります。皮脂汚れは落としてもいい汚れに思いますが、皮脂には肌の乾燥を防ぐ役割があるため落としすぎには注意が必要です。洗顔の回数を3回以上続けていると皮脂がほとんど流れてしまい肌は乾燥しやすくなります。熱いお湯で洗う場合も洗いすぎになるため、お湯の温度は30度程度に抑えておくようにしてください。肌の汚れは個人差もありますし、一日の活動内容になっても違ってきます。そのためすべての人が実践できる正しい方法というものはありませんが、注意すべき点を理解し自分の肌に合った洗顔方法を実践していってください。大島 美容室