直接理由を聞かれるのは嫌だ

直接理由を聞かれるのは嫌だ

若い美容師さんの中には、せっかく担当しても次回に指名してもらえない、という経験をする人もいる事でしょう。自分的には何の否もなかったと思うのにどうして次回は指名されなかったのだろう?という思いが沸いてくるのは当然とも言えるでしょう。そんな時にそのお客さんに対して「どうしてですか?」「何か失礼な事があったでしょうか?」などとお客さんから直接理由を聞き出そうとする美容師もいる様です。ですがそれはお客さんにとってはやってほしくない事でしょう。もちろんそのお客さんにとってはこのたび指名しなかった理由と言うのがあると思うんですね。ですがそんな風に問いただされたり嫌な顔をされる事がお客さんにとっては最も懸念していた事だと思うんですね。それでも勇気を出して別の人を指名したはずです。ですからそんなお客さんをまるで責めるかのように「どうして?」と問い詰めるのはますます印象を悪くしてしまう事でしょう。どうしても外されてしまった理由を知りたいならば今回担当する美容師にさりげなく前回の施術に対する感想を聞いてもらう、などさりげない対応が望ましいでしょう。自分が指名されなかったことに対してきちんと振り返りをする事はとても大切です。ですがそのためにお客さんを責めるような態度に出るのはよくありませんよね。お客さんから指名されるのと、指名されないのとでは美容師にとっては大きな違いでしょう。指名がたくさん入る美容師の事を他の美容師たちは羨ましく思っている事でしょうし、自分もあのようになりたい、という目標とされる事もあるでしょう。ですから店内でだれが一番指名が多いか、と競う事は美容師たちの間でもモチベーションアップにつながる可能性もあります。ですから指名制度自体は決して悪いものではなく、むしろ美容師同士が競う事で全体のレベルアップになるかもしれません。ですが一方で美容師たちの人間関係を悪くする可能性もあります。たとえば顔立ちが良い、とかトークが上手い、というだけで人気になる美容師もいます。自分の方がハサミのテクニックは上手いはずなのに、と感じる時には、自分が一生懸命に練習してきたことがバカバカしく思えるかもしれません。単純に性格が悪いのに人気がある、とか、指名を貰うためならあらゆる手段を使うような美容師だったりすると、周囲の目は尊敬ではなく軽蔑となっていく事でしょう。そういう事になってスタッフ同士の人間関係が悪くなると、自然と美容室全体の雰囲気が悪くなるでしょう。あまりにも雰囲気が悪いとそれがお客さんにも伝わりかねません。自分の指名ひとつで美容師たちの人間関係が良くも悪くもなる、と思うとお客さんも気軽に指名変更する事ができなくなるでしょう。美容院 パート 求人 正社員 海老名 アシスタント