春から夏にかけて肌トラブルに悩む原因について

春から夏にかけて肌トラブルに悩む原因について

春が過ぎて夏に向かう時期になると、紫外線の増加や汗の量が増えることから肌の状態が悪くなりやすくなります。ターンオーバーが乱れて肌トラブルに悩まされる人も多いかもしれません。毎年春から夏の季節の変わり目に肌トラブルに悩まされていると言う人は、ターンオーバーのバランスを整えることを考えてみるといいでしょう。ターンオーバーは通常なら28日のサイクルで行なわれていき肌は再生をします。しかし紫外線から受ける影響に対して肌は素早く再生させようとするためターンオーバーが早くなっていきます。その逆に汗が多くなると肌が汚れやすくなり新しい細胞が表面に出てこれずに再生が遅れていきます。ターンオーバーは早くなると肌のバリア機能がもろくなり、外部からの刺激に弱くなって肌が荒れやすくなります。ターンオーバーが遅くなると肌の角質が古くなり乾燥して乾燥肌に悩まされるようになります。バランスが特に重要となる肌にとってターンオーバーが早くなったり遅くなったりする季節は特に肌が傷み安くなるのです。夏というと紫外線の影響が思い浮かびますが、紫外線対策だけでは肌荒れ対策にはなりません。紫外線対策を行いつつ汗対策も行なっていくことを心掛けてください。汗をかくことで毛穴に汚れが詰まることがターンオーバーの遅れに繋がります。毎日のスキンケアでは毛穴の汚れをしっかりと落とすようにこころがけていくようにすることで肌トラブルを回避できるようになりますよ。肌荒れは季節の変わり目が特にひどくなると言われています。多くの人がそれなりの対策を行なって肌荒れと戦っているかも知れませんが、その原因について理解している人はあまり多くありません。肌荒れにはいくつかの原因が考えられますが、その中で特に多いのがターンオーバーの乱れです。肌は毎日新陳代謝によって新しい細胞が作られては古い細胞は死滅をしています。肌表面の細胞は死滅した細胞で垢となって流れ落ちていきますし、その奥では新しい細胞が作られています。作られた細胞は時間とともに肌表面に向かって移動を行い、死滅していきます。作られた細胞が死滅して肌から剥がれ落ちていく流れをターンオーバーと呼び正常な周期は28日と言われています。ターンオーバーの乱れはこの周期が早くなったり遅くなったりした状態のことで、その乱れが肌荒れを引き起こしてしまうのです。ターンオーバーの乱れによって引き起こされる肌荒れの多くは外部からの刺激に弱くなったり十分な保湿ができずに乾燥しやすくなるといったことです。肌荒れに悩んでいる時に敏感肌や乾燥肌に悩まされている人はターンオーバーの乱れを改善するようにすることが一番の解決方法となります。ターンオーバーの乱れは栄養不足や睡眠不足が考えられますので、生活習慣を見直したうえでターンオーバーが正常に働く状態に戻すようにしていくと肌荒れの悩みも自然と解決するようになるはずです。化粧品を使っても改善しないといった時には基本的な生活を改善してみると良いですよ。小倉 美容室