広がりを抑えるトリートメント

広がりを抑えるトリートメント

湿気の多い時期は髪が広がる悩みと共におそらく髪の毛のべた付きや頭皮のかゆみなども気になる所だと思います。実はこれらの原因はトリートメントの仕方に原因があることが多いと言われています。トリートメンとは確かに髪の毛には必要なケアなのですが、頭皮には全く不必要なものだと言われています。トリートメント剤が頭皮に付着して残っているとそのまま毛穴の詰まりなどの原因となります。髪を洗う時に「頭皮」と「髪の毛」を別物と考える人が少ないのが実状だと思われますが、髪の毛に良いものがすべて頭皮にも良い、という事ではないんですね。トリートメンとはあくまでも髪の毛のためのものです。特に必要としているのは毛先です。ですから必要以上のトリートメントを頭頂部にまで揉みこんだりするのは毛穴の詰まりを引き起こしていしまう要因になりますから気を付けましょう。トリートメントの後はきちんと頭皮に付着したトリートメント剤を洗い流しておくことが大切です。このトリートメントの仕方を少し丁寧にするだけで、髪の毛の状態がかなり変わってくると言われているので実践してみたいところですね。毛穴の状態が良くなればそれだけ髪の毛も健康的で湿度の高い日でも広がりにくい髪の毛になってくるでしょう。ダメージヘアは湿度が高い時にはかなり広がりやすくなります。何とかしたいと思っても湿度が高まるたびに美容室へ駆け込むわけにもいかないですよね。ですが自分で出来るホームケアでもかなり改善できるみたいなのでやってみる価値はあると思います。ですが結局のところ髪の毛のダメージを最小限に抑えるしか対策は無いものです。一日で良くなるとは思わないで梅雨時期よりも前に長期的なプランでケアしていくことが望ましいと思われます。そのホームケアは主に普段行っている髪の洗い方です。たとえばシャンプー剤の使い方ですが、必要以上の量を使っていると余計に髪の毛が乾燥してしまう原因を作ると言われています。今行っているシャンプーでのシャンプー剤の量は適量なのか、見直してみるとよいと思います。また効率よくシャンプーを泡立てるには、まず髪をしっかりとお湯で洗ってからシャンプー剤を使う事です。ただ髪を濡らすのではなく、一度お湯でしっかりと洗う感じです。そうする事でまず髪の毛の汚れがお湯だけで随分と落ちるので、シャンプーで落とさなくてはならない汚れが随分と減ります。またお湯がしっかりと髪の毛に行渡っている事で少量のシャンプー剤でも良く泡立ちます。もうひと手間かけるならばお湯で洗う前にしっかりと髪を梳かして絡まりをほどいておくことです。これだけでも随分とシャンプー量を減らせるのです。篠崎駅 アシスタント 教育 求人 週休二日