言いたい事ははっきりと言う

言いたい事ははっきりと言う

私達はなぜか、美容師と聞くととても偉い人のように思ってしまう傾向がありますよね。それはいくらこちらがお客さんであっても相手は髪の毛やヘアスタイルについて学んできているプロである、と言う事と、大方の美容師たちが自分よりも容姿がキレイでセンスも良く、ワンランク上の人間である、と言う雰囲気があるからなのではないでしょうか。ですから料金を支払っているにもかかわらず、なんとなく美容室の中では自分は小さな存在で会ったり美容師の言う事を聞かなくてはならない立場である、という意識が働いてしまいがちです。ですが実はそういうちょっと控えめな態度、というのは美容師にとっては困ることも多い様なんですね。美容師は最終的な目標として自分が担当したお客さんがお店を出る時には大満足した気持ちで帰ってほしい、と思っている訳です。そのためにはそのお客さんが何を考えているのか、何に対して不満なのか、と言う事を知りたいんですね。ですから客の方はもっと図々しくても良いのではないか、と思うのです。痒いところがあればはっきりと伝える、痛かったり辛かったりしたらそういう表情をする、と言う事も美容師とのコミュニケーションの中で必要な事だと思うんですね。ヘアスタイルに対しても施術の途中で「あれ?」と思った事はその場で言う方が早く修正してもらう事が出来ると思うのです。

 

客のクレームは大切

 

どんな職業でも、何を学ぶ場合にでも同じだと思うのですが、反省する、と言う態度はとても大切だと思うんですね。美容室でもそれは同じで、お客さんが言ってくる事と「またクレームか」と片付けてしまうような美容室では、その美容室の成功は望めないのではないでしょうか。よくお店にキャッチフレーズとして「お客様の声を大切にします」と言う事が言われていますが、本当にそれが出来ているお店や企業と言うのはなかなか無いように思います。特に美容室の様な技術職の方々が働いている場所ではどうしても「素人には解らない」という感覚が美容師の方に出てしまうと思うんですよね。確かに素人には解らない事がたくさんあり、プロの目から見たらその方が良い事でも私達の好みでは無かったりすることもあります。いわゆる明らかなクレーマーのクレームは、それなりにうまく処理すればよいかもしれませんが、そうではないお客さんの意見については「お客さんはこう思うのだ」という発見にもつながることがあるのではないでしょうか。そしてそれは次の何かの提案につながるかもしれませんし、同じような声を上げる人が多ければ、それはお店が改善すべきことなのかもしれません。何もかもお客さんの言う事を受け入れるのもどうか、とは思いますが、きちんと耳を傾ける事は大切だと思われます。

 

Pick Up

 

武蔵浦和駅でアシスタント採用の求人

武蔵浦和駅 アシスタント 就職 求人 採用

柏のヘアサロン美容院のパート求人

美容院 パート 求人 業務委託 柏 ヘアサロン

表参道の美容院で正社員求人

美容院 パート 求人 正社員 表参道