女性美容師とのバランス

女性美容師とのバランス

男性美容師が人気だから、といって女性美容師の人気が衰えている、という事はありません。やはり女性のお客さんは最終的には同性である女性美容師を選ぶようになるようです。それは年齢を重ねたことによる髪の悩みなどは、やはりそれを理解してくれる同性の美容師の方が相談しやすい、という事があるのではないでしょうか。同じことが男性美容師にも言えると思うのですが、若い男性美容師たちも女性客からの人気だけに甘んじていると、その女性客たちは結局は同性の美容師の方へ戻って行ってしまう可能性の方が高いのです。ですから自分は女性客に人気があるから、と胡坐をかいているとそのうちにそのポジションから落ちてしまう可能性も否めません。同性である男性客の心をつかんでおくことこそが、息の長い男性美容師として活躍できるのではないでしょうか。髪の悩みと言えば女性も深刻ですが薄毛で悩むのは男性の方が深刻です。そういう男性客にいかに真摯に向き合うか、という態度こそが本当に実力と人気を兼ね備えた男性美容師として認められるのではないでしょうか。女性美容師には女性の、男性美容師には男性の悩み相談に応えられるような知識や経験を積んでもらいたいものですね。今の時代は性別の差を感じさせない美容室という場所で、各々の役割があるはずですよね。美容室においての楽しみは、もちろん素敵なヘアスタイルに変身できることかもしれませんが、多くの人が美容室へ行く楽しみの一つとしてシャンプーを挙げるものです。いつも不思議に思うのですが、シャンプー何て毎日自分でやっているじゃないですか。それなのに美容室でやってもらうシャンプーって比べ物にならない程気持ちが良いものですよね。極端に言うと自分ではなくて人に洗ってもらうから気持ちが良いのかもしれません。自分で何かをする、というのはとかく手加減をする傾向がありますよね。本当なら自分でする時にももっと力を込めてする方が気持ちが良いのかもしれませんが、どうしても自分でシャンプーをする時にそこまで力を込めてするのでは疲れてしまいますし、そもそもシャンプーをする体制が横になってするわけではありませんからその時点で気持ちの良さが違うのかもしれません。美容室でシャンプーをしてもらう事こそこだわりたい、というお客さんも多いのではないでしょうか。最近ではシャンプーの上手なアシスタントさんを指名する、アシスタント指名をやっている美容室も有るようです。ヘアスタイルの仕上がりの差、というのはなかなか感じる事が難しいですが、シャンプーの心地よさの違い、というのはすぐに感じる事ができますからね。三軒茶屋 美容室