女性が気持ち良く働く環境

女性が気持ち良く働く環境

よく女性ばかりがいる環境よりも男性が混じっている環境の方が女性同士は上手く付き合える、と言われますよね。女子校はギスギスしていたりいじめが多いけれども、共学ではそれが少ない、と言う事も学生時代には言われていたのではないでしょうか。職場でも同じでしょう。いわゆる「女の園」と言う所はなにかと嫉妬心が発端となるもめ事が多いものです。そこに男性が一人いるだけで雰囲気が違います。ですが実際に良いのは男性の方が人数が多い環境だとも言われています。その方が男性が作る雰囲気の中に女性が入ることになるので、女性特有の雰囲気になりにくいようです。男性が少なければその男性たちを巡ってもめ事も起こりやすいですが、男性が多ければ女性達が接する男性も複数にいることになるので、一人の男性に対して問題が起きるような事にもならないのでしょう。またそもそも採用する時に容姿だけで採用されたような女性は、何かともめごとの種になりやすいのではないか、と思います。本人も「キレイだから採用された」という事をどこかで思っているでしょう。容姿が良い事を自負してテクニックを磨くことをサボる子もいるでしょう。容姿ばかりが良いと言う事に対して他の女性スタッフが嫉妬心を持つこととも十分考えられます。女性美容師と女性客の間でトラブルが起きやすいのは、その二人の間に年齢差がある場合です。女性と言うのは年齢が離れていると若い人は年上の人を「おばさん」という目で見てしまいますし、中年の女性たちは若い美容師に対して「今どきの子は」という目で見る事が殆どです。最初からうまく接する事が難しいんですね。若い子にしてみれば、今の流行何て私達の方が良く知っている、とか、こんなおばさんに似合うヘアスタイルと言われても解らない、などといった若さを盾にした気持ちをもっているスタッフもいるようです。もちろんその様に考えるのは美容師としては問題です。ですがそういった気持ちがお客さんに対して失礼な発言や態度につながります。逆に年齢が上の女性客にとっては若いスタッフは最初からよく思われていない事が多いものです。常識が無い、気が利きかない、といった感情です。ですから出来る事ならば年配の女性客には指名が無い限り、出来るだけ年齢を重ねた美容師に担当させるのが良いようですね。若いお客さんには若い女性美容師の方がお姉さん的存在で良いかもしれません。ですが年配の人にとっては、どうやっても今の若い子たちの言動はし連れに思えたり頼りなく思えたりするのもなのでしょう。できるだけ接しない様にうまく担当を回すのが一番の解決策かもしれません。行徳 美容室