髪の毛に花粉を付けない努力

髪の毛に花粉を付けない努力

花粉の形も髪の毛のキューティクルも互いにくっつきやすい形状である、と言う事になると、一度髪の毛についてしまった花粉は自然には落ちてくれる事は無いと思った方が良いかもしれませんね。そうなるとどうにかして髪の毛に着いた花粉を落とさない事には、花粉症の症状がひどくなってしまう可能性があります。ついてしまった花粉をどうするか、と言う事も大切ですが、まずは花粉が付かないような努力をしなくてはならない、と思われます。そこで一番効果があるのは、ヘアスタイルを工夫することです。例えば簡単なところで、髪の毛に花粉が付着しやすいのだとしたら、髪の毛が多ければ多いほど花粉がたくさん付くことになります。つまりロングヘアの方がショートヘアよりも花粉が付く量が多くなります。花粉に悩まされる時期には思い切ってショートヘアにする事も対策の一つとなります。ロングヘアは花粉が付く面積が多くなる、というだけではなくロングヘアは生活をしていると「髪をなびかせる」という状況になりがちです。本来キレイなロングヘアと風になびかさえたり、ロングヘアをかきあげるしぐさは女性らしく美しい、とされるものですが、花粉症対策に限っては、そういうなびく髪の毛と言うのは多くの花粉を呼びよ寄せてしまう原因となります。花粉の形がちょうど髪の毛に絡まりやすい形をしているから、花粉は髪の毛に着きやすいのだ、と言う事が言われていますが、花粉が付いてしまう髪の毛の方にも原因があるんですね。それは髪毛の表面を覆っているキューティクルです。キューティクル、という言葉は聞いたことが有ると思いますし、それが髪の毛のツヤのように見える髪が美しい、とされている事もみなさんご存知だと思います。ですがこのキューティクルってどんなものか?と言われるとその形状などを知る人はあまりいないかもしれません。キューティクルは魚の鱗のような感じのもので髪の毛の表面を覆っているようです。ちょっと気持ちが悪い形状を想像してしまうかもしれませんが、このキューティクルのおかげで髪の毛の内部は守られているんですね。そしてこのうろこ状のキューティクルは乾燥するその鱗を広げてしまう、と言う性質があります。そうすると髪の毛と髪の毛がこすれ合うとそこに静電気が起きるんですね。そしてその静電気が花粉を吸いよせてしまうんです。吸い寄せるだけなら良いのですが、静電気が起きるほどの乾燥状態のキューティクルは開いた状態になっていますかRあ、その開いた部分に花粉がひっかかると簡単には離れてくれなくなってしまうんですね。花粉の形もキューティクルの形も、両方が花粉の吸着に影響していると言えます。美容室 江古田 美容院 パーマ 眉カット ヘッドスパ メンズ 人気