客に決めさせる

客に決めさせる

ヘアスタイルに関して担当美容師とカウンセリングなどで話をしているときに「どちらがいいですか?」とか「どうしましょうか?」とお客さんに答えを求める美容師がいますよね。その時に美容師に教えてほしいのは「〇〇にしたらこの様になる」「△△にしたらこの様になる」という具体的なイメージを提案してほしいと思うんですよね。ただ口頭で「長いのが良いですか、短い方が良いか」と言われても、長かったらどのように見えて短かったらどのように見えるのか、という事は私達にはなかなかイメージしづらいものです。ですが「長めにすると柔らかい感じ」「短くすると顔が明るく見える」など、具体的に言ってもらえればイメージしやすいですし、どちらにしてみたいかという判断をしやすくなりますよね。もしもお客に最終的な判断をさせるのであれば、美容師はそれぐらいの説明をしてほしいな、と思いますよね。ですが確かにお客さんがなりたいスタイルにするのが美容師の仕事だとは言っても、すべてをお客さんに決めさせてその通りにする、というのではせっかくの美容師のセンスは生かされないままです。あまりに客に判断をゆだねる美容師と言うのは、もしかしたらあまり提案力のない美容師なのかな、と疑ってしまいたくなりますよね。美容室の提案力が問われるのは、悩みを解決するだけではありませんよね。たとえばパーティーに行くときにスタイリングをお願いした時、どんなスタイルにしたいか、というのはだいたい決めていくものですが、細かいところはその場で相談しながら仕上げていく事も多いですよね。たとえば髪の分け目をどちらにするか、といった場合には「どちらにしますか?」とおそらく美容師は聞いてくれると思うんですね。ですがそう言うときに自分ではどちらが似合っているのか決められないな、と思う時も有るでしょう。そういう時に逆に「どちらがいいでしょうか?」と美容師に尋ねてみるのも良いと思うんですよね。ところがもしもそう尋ねてみた時の美容師の答えが「好みですよね」と言われたらどんなふうに感じますか?「好み」と言われたらすべてが好みですよね。自分の好みになるようにすべてを自分で決めればよい話なのですが、ヘアスタイルなどの自分で見るものではなくて周囲から見られるものに関しては「似合う」「似合わない」と言う事もとても大切です。自分の子の身ばかりで押し通すのは逆に危険だと思われます。だから美容師に相談しているのに美容師からの答えが「好みですね」であったらちょっと残念です。プロの目で見てどちらが似合うか、という提案ぐらいはしてほしいものですよね。門前仲町 美容院