寝起きで肌の調子が悪いのは電気毛布に原因があるかも

寝起きで肌の調子が悪いのは電気毛布に原因があるかも

冬場になると寝るときに布団の中が冷たくて眠りにつけないなんてこともよくあります。快適な睡眠は美容に欠かすことができませんので、電気毛布を使って温めている人も多いと思います。しかし電気毛布で温めた寝床が必ずしも快適な睡眠をもたらしてくれるとは限りません。肌の調子が悪く感じてしまうのはひょっとすると電気毛布によるストレスが原因かもしれませんので、寝るときの注意点を知っておきましょう。人間にとって快適に眠ることができる温度と湿度は33度で50%くらいといわれています。体の内部体温が36度くらいなのに対して表面温度は32度くらいといわれているため、布団の中は33度くらいに保てる状態が理想的となります。また最初のノンレム睡眠の時に一番深い眠りに入りますが、この時に一番汗をかくため湿度が高くなると蒸れて快適な睡眠が得られなくなります。湿度の高い夏の夜は30度前後でも寝付きが悪くなるため、湿度は特に重要となります。もしも電気毛布を使って寝床を温め続けていると布団の中は33度を超え発汗によって湿度も高くなってしまいます。これが寝付きの悪さにつながり、朝起きても疲れが取れない、肌の調子が悪いといった状態を作ってしまうわけです。電気毛布を使って寝床を温めることは快適な睡眠につながりますが、電気毛布を付けたまま寝てしまうことは快眠の邪魔になってしまいます。寝る1時間前に布団の中を温め、実際に寝るというときにはスイッチを切って寝るようにすると快適な睡眠につながりますよ。睡眠は美容にとって最も大切な時間です。睡眠時間も大切ですし、睡眠の質も重要になります。睡眠による美容効果を最大限高めるためにはどんなことをやっておけばいいのでしょうか。寝る前にちょっとしたケアをすることで次の日の朝は肌の調子が全く違っているかもしれませんよ。睡眠の質を高めるためには、寝る前にしっかりとリラックスしておくことがポイントです。お風呂に入るのもリラックスさせるための一つですし、白湯を飲むことでもリラックス効果を得ることができます。また一日の後悔や悩みも解消しておくとよりリラックスした状態で眠ることができるようになります。寝ている間は成長ホルモンによって肌が再生するとはいえ肌は空気にさらされている状態になりますから乾燥します。特に寒い季節は寝ている間の肌乾燥が怖いためできるだけ保湿をしておく必要があります。スキンケアでしっかりと保湿を行い、また空気中の水分がなくならないように加湿器を使って寝るという方法も効果的です。寝る前と寝起きにはしっかりと水分を補給して体から水分が失われないようにするといいでしょう。寝ている間は血液の動きが悪くなりやすくむくみが発生しやすくなります。足や顔のむくみが気になるという人は寝る前にリンパマッサージを行っておくとむくみにくくなります。特に足のむくみにマッサージは効果的なので毎日の習慣にしていくといいですよ。睡眠による美容効果を最大限得るためにできることから始めていきましょう。城南にある美容院