寝る前の入浴は温度が重要

寝る前の入浴は温度が重要

美容にとって睡眠と入浴は欠かすことができません。寝る前にお風呂に入って体の疲れを落とし、精神的にリラックスしてから寝るという人は多いと思いますが、入浴方法を間違ってしまうと入浴によるリラックス効果は薄れてしまい、睡眠に入っても快適な眠りにつくことができなくなります。寝る前に美容にいい入浴方法を学んでおきましょう。お風呂に入るときに重要となるのはお湯の温度です。お風呂の温度は人によって好みがありますが、美容と快眠のことを考えた場合温度は低めに設定することがポイントになります。人の体はお風呂の温度によって脳の働きが活発になる場合とリラックスする場合があります。40度を超えたお風呂に入ると交感神経が活発となりやる気がわいてきて眠りにくい状態となってしまいます。40度よりも低くなると副交感神経が働くようになり脳はリラックスした状態になっていきます。これから仕事が始まるといったときには高い温度のお風呂がいいわけですが、これから眠ろうとしているときには低めのお湯に浸かることが大切です。38度から39度くらいの温度が疲れも汚れも落としやすくリラックスしやすい状態の温度といわれているため、美容のことを考えて良質な睡眠をとりたいといった人はお風呂の温度に注目してみましょう。低めの温度だと体が温まりにくいと考えている人も多いかもしれませんが、低めの温度のほうが体の内部から温めることができて代謝もよくなるといわれています。20分くらいの時間お風呂に入っていると体の芯から温まってリラックスできるようになりますよ。ダイエットをしていると食事をとることが不安になってしまうこともあります。1日3食は食べて間食を一切取らないというのが基本になりますが、どうしてもおなかがすいてしまうこともあります。特に寝る前に空腹を感じてしまい中々寝ることができないなんて悩みを抱えている人もいるかもしれません。寝る前に食べることは消化や吸収の関係から太る原因とよく言われますが、寝る前に食べたほうがダイエットに効果的な食べ物もあります。まず代表的なものにヨーグルトがあります。寝る前のヨーグルトでダイエット効果を得られるとして寝る前にヨーグルトを食べている人も多いかもしれません。寝る前にヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増えて整腸作用や便秘解消、代謝アップといった効果が得られるといわれています。しかし注意点もあり、ヨーグルトはカロリーが高く、消化の悪い夜に食べるとカロリーを消費することができず体に蓄えられてしまう可能性もあります。できるだけ糖分を含まないプレーンヨーグルトを選び食べる量にも注意するようにしましょう。寝る前のはちみつも効果的といわれています。寝ている間に分泌される成長ホルモンは別名若返りホルモンと呼ばれ美容やダイエットに大きな影響を与えます。この成長ホルモンの分泌には糖分が必要となります。しかし通常のご飯や砂糖、お菓子では糖質が高く太ってしまいます。はちみつは砂糖より糖質が低く、甘みは強い特徴があり砂糖よりもヘルシーです。寝る前に少しはちみつを食べることで空腹を紛らわせてダイエットに効果的な睡眠を得ることができます。どちらも食べすぎには注意ですが、効果的に摂取すればダイエットの助けになってくれますよ。蒲田の美容院