寝る前に避けたほうがいいこと

寝る前に避けたほうがいいこと

寝る前の行動は美容には大きな影響を与えます。何気なくやっている行動が知らないうちに肌を老化させてしまっているかもしれません。寝る前にやってはまずい行動について考えてみましょう。快適な睡眠をとるためにはリラックスした状態でないといけません。そのため緊張した状態は質のいい睡眠の妨げになりますし、眠りについても疲れが取れません。お風呂に入るときには高い温度のお風呂は避けてぬるめのお湯で15分程度温めるのが理想的となります。激しい運動も緊張状態を招き快眠にはつながりません。一般的に知られているコーヒーに含まれているカフェインも脳を興奮状態にしてしまいます。カフェインはコーヒーだけでなく緑茶や紅茶などにも含まれているため、夜に飲むことは避けたほうがいいでしょう。よく食べた後はすぐに寝てはいけないといわれますが、ダイエットだけでなく肌荒れにも影響を与えるため、夜中の20時以降は食べないようにすることが理想的です。寝ている間に内臓の働きが活発になると血液の流れが内臓に向かい肌の新陳代謝を妨げることになります。その結果ターンオーバーが乱れ肌は荒れやすくなってしまいます。20時以降の食事はもちろん、消化に時間がかかるほど夕食を食べすぎてしまうのも避けるようにしたほうがいいでしょう。寝付きの悪い人はお酒を飲んでから寝るという人もいるかもしれませんが、アルコールは脳を覚醒状態にしてしまい寝ても途中で起きてしまうことが多くなります。習慣化するとやめられなくなるため寝る前のアルコール摂取はしないように心がけていきましょう。コーヒーを飲むと夜眠れなくなるため、美容のために睡眠時間を確保したいという人はできるだけ避けてしまう飲み物かもしれません。コーヒーに含まれているカフェインの効果時間は30分から8時間程度といわれているため、夜12時に寝る習慣のある人の場合夕方の6時くらいに飲んだコーヒーのせいで快適な睡眠がとれなくなってしまうなんてこともあるわけです。それほど効果の強いコーヒーですが、寝る前に上手に飲むことで高い美容効果を発揮してくれます。コーヒーが寝る前に効果的な理由は、香りに含まれている成分がリラックス効果を発揮すること、疲れを取り除いてくれる効果があること、血液の流れがよくなる効果があることが挙げられます。脳のリラックス効果はピラジンと呼ばれる成分が効果を発揮することが知られていて、アルファ波を活性化させ副交感神経優位な状態を作り出してくれます。カフェインの持つ疲労回復効果は日中の活動に効果的といわれていますが、寝る前に疲労を回復させることができると質の高い睡眠がとれるようになります。そのため寝る前にコーヒーを飲むことはとても理にかなっているのです。カフェインには血管を広げる効果があります。血液の流れがよくなると肌の新陳代謝も活発になり若々しい肌を維持できるようになります。美容に効果の高いコーヒーを眠りを妨げずに飲むために大事なことは、ミルクを多めにすること、ホットで飲むようにすることです。カフェインの効果時間を考えて寝る前に飲むようにすると次の日の肌能状態は見違えるように変わるかもしれませんよ。自由が丘の美容院