お客さんは敏感になっている

お客さんは敏感になっている

美容室に来るお客さんと言うのは、美容師が全く想像していないような事を気にしたり悩んだりすることも有ります。例えば隣に座っているお客さんがどの様な人で、どのようなヘアスタイルにしているか、等と言う事も気になったりする人もいます。それはそのお客さん個人に対して意識をしているのではなくて、この美容室にはどのようなお客さんが来ているのだろうか、と言う事が気になる訳です。自分の様な客が来るのはこの美容室にとってはOKなのだろうか?と言う心配をしたりするんですね。ですから例えば自分よりも隣の席のお客さんの方がオシャレだな、と感じた場合、既にそこでちょっとしたコンプレックスを感じているので、もしも美容師がそのお客さんに対して自分よりも少し目をかけている様な事があったりしたら、「やはり私の様な客は相手にされていないんだ」などと深く傷ついてしまったりするんですね。ある話でいつも来てくれていたお客さんが来なくなったので不思議に思っていたら、どうやらそのお客さんは「美容師が自分を無視した」と感じていた、というような事が解ったりするようです。もちろん美容師の方はまったくそんな態度をとったつもりはありません。それでもお客さんはそれぐらい神経質になっているケースもあるんですよね。美容師の皆さんは、これまで来てくれていたお客さんが来なくなった場合に「どうして来てくれなくなったのか解らない」と言う事も良くあると思うんですね。ですが意外と美容師の皆さんが思ってもいないような理由で、お客さんはその美容室へ行くのを辞めてしまったりもするようです。お客さんにとって美容室と言う場所や美容師さんとの関わりはどちらかというと「自分の方が下」という引け目を感じているケースが多い様なんですね。「私はお客さんなんだから!」と堂々としていたり、上から目線で美容師と話が出来るようなお客さんと言うのは、その人自身が美容師に負けないぐらいオシャレでセンスのある人だったり明らかにその美容室において売り上げに貢献していて、胸を張ってお得意様、と言う感じの顔をしていられる人たちだと思うんですね。多くの一般的なお客さんは美容室に入った時には「前回せっかくキレイにしてもらったのに、うまくヘアケアが出来ていなくてすまない」とか「こんなに髪が傷んでしまってはずかしい」といった感じで堂々とはしていられない感じだと思うんですね。おそらく美容師の皆さんにとっては「どうしてそんな風に思うの?」とか「そんなことまるで気にしていないのに」と思うことかもしれません。ですがそういうお客さんとのギャップの様なものが原因でお客さんがお店を変えてしまう事もあるようですね。美容室 調布駅 カット カラー おすすめ 安い