洗顔のやりすぎはどうしてダメなのか

洗顔のやりすぎはどうしてダメなのか

洗顔のやりすぎは肌トラブルの大きな原因となっています。顔を洗うということは肌についている汚れを落とすことですのでやればやるほどきれいになっても問題ないように思えるかもしれません。しかし肌は食器のようにしっかりと汚れを落とすことできれいになるということではないのです。理想的な綺麗な肌というのは、洗顔によって汚れが落ちた肌のことを言うのではなく、肌の状態が正常に機能している状態のことを指します。新陳代謝が正常に行われていて、皮脂膜で肌の水分が守られている状態のことです。洗顔のやりすぎは皮脂膜を洗い流し、肌の水分を守る機能を奪い取ることになるのです。水分のなくなった肌は乾燥しやすくなり、その乾燥が原因でニキビやシミ、シワといった肌トラブルが起こるようになっていくのです。では洗顔は何のために行っているのでしょうか。肌を守る皮脂は時間が経つと酸化し、過酸化脂質となって肌を傷つけていきます。皮脂は肌を守るために必要なものであると同時に古い皮脂は肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまうのです。洗顔ではこの古い皮脂を洗い流し、新陳代謝の邪魔となる不要な汚れを落とすことが目的です。肌にとって余分な汚れは比較的簡単に洗い流すことができ、洗顔料などを使わずに水で洗い流すだけでも落とすことができます。そのため洗顔のやりすぎは肌に悪く、適度な洗顔は肌にいいということになります。洗顔の意味と効果を理解して正しい洗い方を実践してみてください。洗顔は毎日行う日課ですが、間違ったやり方をしていると知らないうちに肌トラブルを招いてしまうこともあります。洗顔で注意すべきこととはどんなことがあるのでしょうか。洗顔で肌を洗うことは肌の汚れを落とし綺麗になるということですが、洗う回数が多くなればその分だけ肌がきれいになるというわけではありません。肌は健康的で美しい状態を保てるように様々な機能が備わっています。皮脂や汗で肌の水分が蒸発しないように防ぎ、保湿因子やセラミドで肌に水分が蓄えられるように作られています。洗顔のやりすぎは肌の持っている機能を奪うことになります。皮脂や汗が洗い流され、保湿因子やセラミドまで流れてしまっては肌は乾燥してしまいしわやたるみの原因となってしまいます。洗顔のやりすぎは肌老化を招くことになるため、1日に3回以上はやらないようにすることが理想です。食器は洗剤を使って力を込めながら洗ったほうがきれいになります。しかし肌は洗剤を使って力を入れて洗うと傷ついてしまいます。洗顔料をたっぷり使い、力を込めて洗ってしまう人がいますが、これでは肌トラブルを引き起こすだけでになってしまいますので、優しく洗うことを心がけましょう。洗顔料は人によっては全く必要ないこともあります。汚れが多いときだけ洗顔料を使うようにしてください。肌の汚れは32度程度のお湯で洗い流せます。お風呂の温度は40度くらいですが、これでは洗顔の温度としては高すぎる状態です。熱いお湯は必要以上に肌の成分を洗い流してしまうため、洗顔を行うときにはぬるめのお湯で洗うように気を付けてください。新小岩 美容室