紫外線対策は20歳を過ぎたら念入りに行おう

紫外線対策は20歳を過ぎたら念入りに行おう

人間の肌にはピークがあります。多くの人が肌のピークを最初の曲がり角である25歳前後と考えていますが、実際はもっと早くにピークを迎えています。肌のピーク年齢は18歳から20歳の間。これは肌の成長が20歳を過ぎると止まってしまうからです。肌が成長しなくなり衰え始め、その衰えが表面化してくる年齢が肌の曲がり角と呼ばれる25歳前後なのです。つまり肌の手入れは曲がり角を迎えたタイミングで行うのでは遅く、もっと早くからケアしていかないといけません。肌のケアで特に大事になることが紫外線対策です。肌の成長が止まると紫外線の影響は強く出てくるようになります。日焼けしても10代の肌ならシミも残らずにすぐ元通りになりますが、20歳を過ぎてくると日焼けが治らずに、シミとして残ることも多くなります。シミは時間をかけると自然と消え、それでシミは跡形もなくなくなったと思うかもしれませんが、肌の奥で残り、年齢を重ねることでそのシミが表面に出てくることもあります。シミを作る原因となる紫外線にはできる限り気を付けるようにしていきましょう。肌の成長が止まり年齢を重ねていくと肌の新陳代謝能力も低下していき、新しい細胞が作られるまでに時間がかかるようになってきます。紫外線によるダメージも回復するまでに時間がかかるようになっていくため、紫外線対策をしていない肌ではすぐに傷ついてしまいます。20歳を過ぎたら肌の再生力に過信せずに意識した紫外線対策を行っていくようにしましょう。よる効果だけが問題ではありません。飲み会や宴会のような盛り上がる場での飲食は満腹中枢が鈍くなり、食べても食べてもおなか一杯になるということがなくなります。そのため通常の食事の3倍以上のカロリーを摂ってしまうなんてことも。特にお酒の効果が重なると気づかないうちに食べ過ぎてしまうということにもなります。理性をもって食べる量を抑えていくことが必要になります。また飲み会などでは揚げ物や塩分の多い食べ物が多くなります。ここにお酒が加わると食べたものの多くが脂肪となって体に蓄えられやすくなります。お酒は肝臓の働きに負担をかけるため、少しの量飲んだだけでも体重の増加に影響を与えてしまいます。お酒を飲むときには食べ過ぎないことを意識しましょう。お酒を飲んで騒ぐと疲れてすぐに眠くなってしまいます。しかし人間が食べたものを消化するまでは4〜5時間かかるといわれています。もしも消化されていない状態で寝てしまうと消化不良を起こし胃腸の機能が低下してしまい脂肪をため込むことにつながります。飲んですぐに眠くなってしまう人は特に注意が必要となります。飲み会で体重が増える理由はお酒と食べる量の影響があるため、食べるなら飲まない、飲むなら食べないを意識してみるだけでも体重の増加量には大きな違いが表れるはずです。ヘアサロン 綱島 カット おすすめ 安い