紫外線対策で気を付けないといけないこと

紫外線対策で気を付けないといけないこと

肌の健康や美容のために紫外線対策をしないといけないことは常識となっています。化粧品の中にも紫外線対策が施されていることは当たり前となっていますし、男性でも日焼け止めを使って外出するという人が増えてきています。しかし紫外線は日常の様々なところに存在していて、少しの油断でも肌を傷つけてしまうことになります。紫外線対策をするときにどんなことを注意したらいいのでしょう。紫外線には肌の奥まで届くA波と肌表面を焼くB波があります。A波は肌のコラーゲンを破壊したり肌の水分を蒸発させたりといった内部に強い影響を与え、B波は肌表面を黒く変色させて強い紫外線になると火傷を引き起こしてしまいます。どちらも気を付けないといけないわけですが、対策として難しいのはA波のほうです。ガラスを通過するため屋内にいても紫外線対策が必要になりますし、B波は夏に集中して降り注ぐのにたいしA波は1年通じて対策をしていかないといけません。曇りの日でも降り注ぐ量は多く、気が付かないうちに肌の内部が傷んでいるということにもなりかねません。日焼け止めを使うときにPAとSPFの値がありますが、PAがA波に対する効果の高さを表し、SPFがB波に対する効果の高さを表しています。季節、天候、日差しの強さに合わせて日焼け止めの選び方にこだわってみるといいでしょう。夏が終わって日差しが落ち着いてきたときにはPAの値に注目して日焼け止めを使うようにしていくといいですよ。肌の天敵として知られている紫外線ですが、なぜ肌によくないのでしょうか。紫外線が肌に悪い理由はいくつもあります。紫外線が肌に当たるとメラニンが生成されます。メラニンは紫外線から肌を守るために作られるのですが、そのメラニンが肌に残ってしまうとシミとなってしまいます。シミは肌老化を象徴するため、メラニンの生成を抑えることが肌美容にとって重要となってきます。また紫外線は肌の内部深くまで届くことで肌の組織を破壊してしまう働きもあります。肌の大部分はタンパク質で作られていますが、そのタンパク質が傷ついてしまうとハリや弾力が失われていき、たるみや乾燥にもつながっていきます。肌にしわができてしまうのは紫外線による影響が特に大きいといわれています。紫外線が肌を老化させてしまう大きな理由は活性酸素による光老化です。活性酸素は紫外線を撃退するために作られる免疫機能ですが、活性酸素の働きが強くなると健康的な肌を攻撃してしまい、それによって様々な老化現象を引き起こしてしまいます。抗酸化物質が注目されているのも活性酸素の働きを抑えることができるからです。紫外線の影響は年齢を重ねるごとに顕著になっていきます。10代、20代の肌では紫外線に当たってもシミはできませんが、その影響は30代や40代となったときに現れてきます。いつまでも美しい肌を保ちたいと考えているなら、紫外線対策を年齢問わずに行っていくことが最も重要となるのです。美容室 府中 人気 口コミ