仕事に関する嫉妬心

仕事に関する嫉妬心

美容師と言う仕事はとても過酷な仕事である、と言う事は多くの人が知っている事でしょう。もちろん他にも過酷な仕事はいくらでもあるかもしれませんが、多くの美容師たちはやりがいを感じながらも一般企業の人と比べると自分たちはハードな仕事をしている、と感じている事と思います。ですからついつい「楽な仕事をしている人」「仕事をしていない人」に対して羨ましい気持ちを持っていると思います。それがお客さんに対して向いてしまった場合にちょっと問題のある会話を引き起こしてしまう事があるようです。よく美容室で行われる会話で、お客さんに対して「お仕事は何をなさっているのですか?」と聞かれる事がありますよね。これがOLさんだった場合、お互いに仕事の話に発展するでしょうし、たとえその人の方が楽そうな仕事をしているとしてもそんなに卑屈になったりはしないでしょう。ですが「専業主婦です」とか「家にいるんですよ。」と言う人に対して思わず「時間があっていいですね。」とか「暇でしょう?」などという言葉をかけてしまう事がありますね。専業主婦の人は自分なりに主婦業や家事を頑張っている人が多くいます。決して「暇」だとは思っていない人が殆どです。それをちょっとした妬みや嫉妬心から「暇」と言われたことで互いに嫌な思いをさせる事となるようです。女性同士の場合、気を付けなくてはならないのはお客さんと美容師が女性同士、と言う所でしょう。例えばですが若い女性美容師と年配の女性客だった場合には、女性客の方は自分はお客さんとして美容室へ来ているのだから美容室のスタッフが自分を大切にしてくれる、気持ちの良い会話をしてくれるのが当然だと思っていますし、もちろんスタッフの方もその様に心がけてはいるのですが、ふとした言動が女性客を傷つけてしまう事もあります。白髪に関する会話をしているときに「私も将来こうなるんですね」といった何気ない一言に腹が立った、という女性客もいるようです。それは女性客の方に「あなたは若くていいわね」という内なる嫉妬心があるのかもしれません。その場では黙っているかもしれませんが、実際には面白くない会話となってしまったかもしれません。どちらが悪い、と言うわけではありませんし、何気ない会話なのですが自分には無いもの、既に失ったものに対しての相手に対する嫉妬心と言うのは、特に女性はどうしようもなく湧き上がってきてしまうものなのでしょう。一度その美容師との会話に傷ついたお客さんはなかなか再来店してくれる事は難しいかもしれません。中には担当をさりげなく変えてしまう人もいるようですね。ジェルネイル 新宿 フレンチ アート おすすめ 芸能人