姿勢をなるべくくずさない

姿勢をなるべくくずさない

当然のことですが、美容師が仕事をしやすい環境にする事は自分のオーダーした通りのヘアスタイルに近づく大切な要因になる物です。特に大切なのはお客さんの姿勢ではないでしょうか。自分ではそんなに動かしているつもりは無くても肩や首を動かしてしまっている事はよくあるようです。特に美容師とのトークに夢中になっているときには笑ってしまった瞬間に大きく動いてしまう事はよくありますよね。トークが楽しいのは悪い事ではないのですが、できるだけ姿勢を崩さないように心がける事は最低限の美容室でもマナーである、と思うのです。また最近では自分のスマホでゲームやネットサーフィンをしながら施術を受けている人も良く見かけるようになりました。特にゲームなどでは肩に力が入ってしまったり、思わぬ動きをしてしまう事がありますよね。そういう時が美容師が微妙なカットの長さの調整をしている時だったりすると、不意の動きに美容師がとても戸惑ってしまう事もあるのではないでしょうか。そういう瞬間ではなかったとしても、やたらとお客さんの頭の位置が動いてしまうのは美容師にとっては作業中にはかなりストレスになると思うのです。そういうストレスは結果的にお客さんのヘアスタイルの仕上がりに影響を及ぼす、と言う事を私達は忘れてはならないでしょう。

 

美容師も人である

 

基本的に私達が美容師の民さんに協力できる事、というのは「美容師の皆さんも人である」と言う事を認識しておくことではないでしょうか。機械に作業をお願いしている訳ではないのです。人である以上感情と言うものが有ります。感情に任せて作業にの結果に波が出るのはプロではない、と言う人もいるかもしれませんし、それも一理あるかもしれません。ですが人間同士が関わる上で気持ちの良い付き合いができるかどうか、と言う事はその人との間で起こることの結果に少なからず影響を及ぼすものです。互いに気持ちの良い関係でいるためには、その人も感情のある人間である、と言う気持を根底に持っておかなくてはならないと思うのです。美容師が気後良く仕事ができる環境が整っている事が、結果的に自分のヘアスタイルの満足度につながります。美容師に聴かれたことに対する応え方や、座っている態度、などちょっとしたことで人の感情は揺れるものです。過剰な気遣いは不要ですが、最低限のマナーを守ることは必要です。たとえばよくあるのが遅刻やドタキャンです。連絡も無く遅刻してきたとお客さんに対して最初から好ましい感情を持て、と言われても無理な話ですよね。毎回ドタキャンする人がやっと本当に来店した時の気持ちも同じでしょう。

 

ピックアップ

 

横浜の美容院で正社員求人

美容院 パート 求人 正社員 横浜

町田の業務委託美容院の求人

美容院 パート 求人 業務委託 町田