スタッフさんのヘアスタイルをチェックする

スタッフさんのヘアスタイルをチェックする

今通っている美容室のカットの技術と言うのはどうなんだろう?と思う時には、その美容室のスタッフの皆さんのヘアスタイルを見てみるのも一つの方法です。なぜなら多くの美容室ではスタッフが互いに髪をカットし合っているケースが多いからです。特に若い美容師は練習のために先輩美容師の髪の毛をカットさせてもらう、というような事もよくあるようです。もしもその美容室のスタッフさんのヘアスタイルが素敵だな、と思える様であるならば、その美容室にはカットの上手な人がいると思われますし、もしもそのカットをしたのが若い美容師であるならば、それを指導した先輩美容師の腕もなかなかだ、という判断材料になるのではないでしょうか。何気にトークの時に、「みなさんでカットし合ったりするんですか?」と尋ねてみると良いと思います。良くある話ですから、決して気を悪くされるような質問ではありません。もしかしたら「私は〇〇さんにカットしてもらったんですよ」という情報をゲットする事が出来るかもしれません。またそうやってスタッフ同士でカットし合い越している様な美容室と言うのは、先輩と後輩の上下関係が良い美容室である、という想像もできます。ただ上下関係が厳しいだけではなく、きちんとテクニックの指導ができているかどうか、という事は疎の美容室のスタッフの技術向上に大きく影響するでしょう。美容師が勧めてくる商品やメニューがすべて美容室の利益に直結するだけのものである、というのは疑いすぎかもしれません。ですが美容室も商売ですから、少しでも利益の多いメニューをお客さんに利用してほしい、というのは当然の想いでしょう。ですがここで「儲かっている美容室」とそうではない美容室の差が出てくると思うんですね。なんとしてでも利益を上げなくてはいけない必要性のある美容室、というのはおそらく美容師にもノルマが課せられているでしょう。なんとかして単価の高いメニューへとお客さんの導く事が目的となっている美容師も多いのではないでしょうか。その点、経営に余裕のある美容室であれば、本当にお客さんの科毛身の毛の為になる事を重視してお客さんにメニューを薦める余裕があります。時にはお客さんがカラーリングをしたい、とお願いしても、「今のお客さんの髪の毛の状態ならカラーリングはしない方が良い」という判断をする美容師もいるかもしれません。それこそが本当にお客さんの事を考えている美容師の態度だ、といえるのではないでしょうか。本当はこのカラーリングをこのお客さんに薦めるのはちょっと違っている、と解っていても、お店の売り上げの為にはそうせざる負えないような状況になっている美容師もいるのかもしれませんね。清澄白河 美容院